スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- スポンサー広告
シクラメン

撮影場所:自宅
撮影機材:EOS20D、SP AF90mm Di MACRO 1:1
撮影データ:F2.8 1/250sec ISO200 EV-2/3(RAW+0.33) Av絞り優先
前から撮ってみたかったシクラメンです.
SIGMA28-300でチャレンジもしましたが、イマイチいい画に
ならなかったので諦めてました.やっぱり餅は餅屋ですね.

ちょっとねむたい感じですが、淡い雰囲気を出してみました.
2006/04/01 花・植物
Comment
さっそく

さっそくいろいろマクロで試しているようですね(^^)
90mmは使いやすい長さだしボケもいいし言うことありません(^^)
淡な感じがマクロでよく出ていると思います(^^)
2006/04/01 21:26 [ URL ] / しーたけ
>しーたけさん

まずは感覚を掴むために試写試写です.しっかし、ピント幅が薄い・・・(^^;)
今まで、ボケの加減や綺麗さなんて気にもしてませんでしたが、
しーたけさんやZEISSさんの写真の影響で遂にタムを購入に踏み切った訳です・・・(^^)

腕がない分、機材でカバーしなければ.まずは「ボケ」のいろはを勉強です(^^;)
2006/04/02 00:25 [ URL ] / きゃめ男


いい雰囲気出ていますね。
やはりきゃめ男さんの感性が生かされているのでは・・・
近く新しい機材が仲間入りします。
ほとんど触ったことのないWBもぜひ調整したいと思います^^
使い方をご伝授ください
2006/04/02 20:03 [ URL ] / ふぉれ
>ふぉれさん

ありがとうございます.手前味噌ですが、こいつは結構良く撮れたと思ってます.
だめなところがあればじゃんじゃん教えて頂きたいです.上達のコツは欠点を知る事だと思ってます.

>近く新しい機材が仲間入りします。
おっ(^^)もしかして・・・写真期待していますよ!
2006/04/02 22:46 [ URL ] / きゃめ男
シクラメン

言われるまでは???でしたよ。

あっ、タムロンのマクロを手に入れたんですね。
これもしーたけさんのマクロ菌ばら撒きが・・・おっと、
私の名前も刻まれている
共犯者かぁ(;´▽`A``

タムロンのマクロはボケ味は最高ですよ。
但し、風景撮影に使うと、絞りによっては乱れる
ことも・・・
いろいろと試して下さいね。
2006/04/02 23:20 [ URL ] / ZEISS
>ZEISSさん

やはり分からなかったのですね・・・ある意味思い通りの結果です(^^;)
しーたけさんとZEISSさんのブログに出会ってなければ、マクロレンズは買わなかったでしょう.
これもお二方のバリ綺麗な写真のおかげです(^^)

>タムロンのマクロはボケ味は最高ですよ。
自分で撮ってみて初めて分かるのかもしれませんが、ボケってこんなにいいもんだとは思わなかったです.

>但し、風景撮影に使うと、絞りによっては乱れることも・・・
へぇー.そうなんですか.先日中望遠の使い方をしました.後でじっくりチェックしてみようっと.
2006/04/03 13:06 [ URL ] / きゃめ男
ぼけ味

初めて訪ねた気がしません

どうしてでしょう
いやはやとか、みようっと・・の言葉は
聞き馴染んできたせいでしょうか う?
聞いたのではないです コメントで見て
きたからかな

はじめまして よろしくお願いします

マクロが好きな一応女性ですがリンクフリーとなって
ますがよろしいのでしょうか
お返事お待ちします 
2006/04/11 16:21 [ URL ] / tonko
>tonkoさん

はじめまして.ユニークなコメントありがとうございます(^^)
初めて来た気がしない、なんて初めて言われました.

リンク大歓迎です(^^) こちらかも後ほどリンクを貼らせて頂きます.
またお暇な時に遊びに来て下さい.
2006/04/11 19:48 [ URL ] / きゃめ男
ユニークですか

それでは忘れないですね

お許しがでましたのでリンクを貼らせて
頂きます

カメラのこと的外れな質問するでしょう
笑って結構ですのでご指導お願いします<(__)>



2006/04/11 22:28 [ URL ] / tonko
Write Comment











 管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL
http://kyameo.blog39.fc2.com/tb.php/92-89a9eb29
↑ACCUEIL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。